─ 日程と見所 ─

719

遷霊祭

せんれいさい

宮司がすべての灯を落とした愛宕八坂神社の中で神輿に御霊を遷します。そして神輿は「天王さま」となります。大総代をはじめ数人の関係役員のみで執り行われます。

  • 場所 愛宕八坂神社
  • 時間 PM9:00〜/非公開

720

渡御祭

ぎょさい

渡御祭は、発輿祭・途上奉幣祭・着輿祭の3つの神事で構成され、愛宕八坂神社(本宮)から旧市街地8ヶ町を通り、途中の東西南北4ヶ所で地域を浄め、お祭り広場に設置された御仮屋(行宮)まで神輿が巡幸します。各町の若頭総勢100人が白丁をまとって神輿を担ぎ、木遣りと関係者、観客に見送られ御仮屋に向けて巡幸を始めます。途中、各町が迎え太鼓で神輿を出迎えます。

  • 場所 愛宕八坂神社〜市街地一円
  • 時間 AM6:00〜
初叩き合い

はつたた

全町の山車・屋台は熊谷駅を目指し星川通りに集結します。夕暮れ、提灯に火が灯された山車・屋台の前では各町の纏が振られ、年番町を先頭に星川通りから駅前通りを経由し、熊谷駅東口へと進みます。東口ロータリーを通り北口駅前広場へと移動します。熊谷駅を背に全町が横一列に整列し、勇壮なお囃子とともに全町が揃っての『初叩合い』が始まります。

  • 場所 JR熊谷駅北口
  • 時間PM7:00〜

721

巡行祭

じゅんこうさい

午後より交通規制が敷かれ、歩行者天国となった国道17号線に本石区・石原区を除く10ヶ町が集結します。八木橋デパート前の交差点から宮司、役員等を先頭に各町の山車・屋台が続いて国道17号線を西に巡行します。規制区域の最西端に本石区・石原区の屋台が待機しており10ヶ町を迎えます。2ヶ町が合流し、12ヶ町で御宮参りのため御仮屋へ向かいます。御仮屋では各町の山車・屋台が順に神前に進み幣束を授与された後、国道17号線を東へ巡行します。

  • 場所 国道17号
  • 時間PM1:00〜PM4:00
巡行叩き合い

じゅんこうたた

夕暮れになり、停留していた全町の山車・屋台が動き始めます。昼の巡行祭とは異なり、国道17号線各所で次々と叩き合いを繰り広げながら巡行します。叩き合いのたびに山車・屋台が合流し、東と西からそれぞれ合流してきた山車・屋台が八木橋デパート前で全町が揃い、扇形となって叩き合いを行います。

  • 場所 国道17号周辺
  • 時間PM6:00〜

722

行宮祭

あんぐうさい

山車・屋台の巡行や勇壮な囃子のような華やかさはないが、祭りの本質である荘厳な神事の一つです。御仮屋に宮司、関係役員が集まり、神官の浄衣をまとった大総代が御霊の移された神輿を前に、自ら祝詞を奏上、玉串を奉奠し、神の加護を祈願します。

  • 場所 御仮屋(行宮)
  • 時間AM9:00〜
曳っ合わせ叩き合い

あわたたき

午後₆時より国道17号線に交通規制が敷かれ、各所で祭りの終わりを惜しむかのように多くの叩き合いが行われます。徐々に12基の山車・屋台が「最後の叩き合い」の地であるお祭り広場周辺に集まってきます。市役所入口交差点で扇形に整列し叩き合いを行った後、お祭り広場の四方で待機し、年番送りと最後の叩き合いを待ちます。

  • 場所お祭り広場
  • 時間PM8:00〜
年番送り

ねんばんおく

午後₆時より国道17号線に交通規制が敷かれ、各所で祭りの終わりを惜しむかのように多くの叩き合いが行われます。徐々に12基の山車・屋台が「最後の叩き合い」の地であるお祭り広場周辺に集まってきます。市役所入口交差点で扇形に整列し叩き合いを行った後、お祭り広場の四方で待機し、年番送りと最後の叩き合いを待ちます。

  • 場所お祭り広場
  • 時間PM9:00〜

723

還御祭

かんぎょさい

御仮屋から本宮まで神輿をお返しするための巡行です。まもなく日付も変わる深夜、再び関係者が御仮屋に集まり「発輿祭」が執り行われ、午前₀時に熊谷祇園会員約300人によって、神輿が本宮まで担がれます。本宮にて後最の神事「着輿祭」が執り行われ、3日間に及ぶ祭のすべての祭礼行事が終了します。

  • 場所 御仮屋〜本宮
  • 時間22日:PM11:30〜